東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 日本の縫製工場が感謝する日

BLOG

BLOG 2020.02.10

日本の縫製工場が感謝する日


先週末に『針供養』を行いました。

針供養について

針供養する縫製工場

“いつもありがとうございます”と口にして供養します。

針は消耗品なので結構たまります。

愛着のある特殊針を選んで刺す人もいます。

アタリマエに感謝することって、すごく大切だけどとても難しいです。

『針供養』という日本の習慣のおかげで“感謝すること”を思い出させてくれます。

仕事に、道具に、仲間に、、、感謝します。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

辻洋装店の針 ③折れ針

手縫い針の破損は曲がりやサビ(手汗でサビると生地への通り...

オーダーメイド

辻洋装店は婦人服を作っている会社です。なのにこの...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...

袖付けの極み

服作りにおいて、よくキーポイントとして挙げられる袖。 ...

パンフレット

10年以上前の辻洋装店のパンフレットを発見!  ...