東京中野の縫製工場「辻洋装店」| JUKI-9000Cバージョンアップ

BLOG

BLOG 2017.11.22

JUKI-9000Cバージョンアップ


辻洋装店ではJUKIの電子制御本縫いミシン9000Cを3台使っていますが、本日膝押さえ上げのオプションパーツを取り付けてもらいました。FISMAで試してから2ヶ月もかかりました。

電気信号に変えます

日々新型ミシンを踏んでいるリーダー3人は踏み板を後ろに踏んで押さえを上げることにほぼ慣れ、むしろ体がねじれなくてイイと言っているのですが、稀に膝レバーで押さえを上げたいことがあるようなのです。
機構的に押さえを上げるのが膝レバーか踏み板のどちらか一方に限られてしまうのを懸念していたのですが両方同時に使えます。

従来の押さえ上げはアナログな機械式

少し踏んでみた感じも快適なので様子を見て他の2台にも付けるつもりです。
膝レバーによって普段9000Cを使っていない人でも使いやすくなるのは大きな進化です。

プログラムも更新します

ミシン屋さんも初めてのことで戸惑っていましたが使う人も初めての経験ばかりなのです。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

縫製工場見学のコツ

縫製工場見学のコツはこちらにまとめてあります。→工場見学...

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

店長の工場見学

JunAshidaの店長と営業の方々が見学にいらっしゃい...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...