東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 新型本縫いミシンのつづき

BLOG

BLOG 2016.10.04

新型本縫いミシンのつづき


新しいことをやろうとするといろんなカベがいろんな所からやってきます。

そのカベを一つづつ乗り越えていくから革新的なモノになったりするんだと思います。

で、往々にしてそのカベを作っているのは人のこころのような気がします。

 

img_5899

“いままでのやり方を変えたくない”とか“必要ない”とか、凝り固まった人のこころ(^^;

 

img_5891

2月 6月 に続いて今日もブラザー工業株式会社の方々がいらっしゃいました(^^)

 

新型ミシン開発の苦労話を聞かせてもらってなんだか勇気が湧いてきました。

なんでも初めはトラブルだらけです。

一歩ずつ進んでいきましょう。

応援しています!!

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...