東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 学び合い

BLOG

BLOG 2019.02.06

学び合い


今年も専務が埼玉県立新座総合技術高等学校でお話しさせていただきました。

話をする側の学びでもあります。

埼玉県教育委員会「次代を担う産業人材イノベーション事業」の一環としての講義で、
テーマは『職業・労働の意義と職業選択について』『専門職の仕事について』だそうです。

触ったり着たりした《感覚》はきっと忘れないと思います。

縫製工場のオリジナル製品に袖を通すのは初めてのことでしょう。
製品に込められた想いは感じていただけたでしょうか?

素直な反応に勇気をもらいます。

実は先月、私も娘の通う小学校で一コマお話しさせていただいたところです。
小学校6年生に向けて『12歳のハローワーク』というテーマでした。

無垢な目で真剣に話を聞いてくれる子供達の姿に、私も身の引き締まる思いがしました。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

究極のベルベット縫製!...

“ベルベット”と一口にいっても メーカーによって、品番...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...