東京中野の縫製工場「辻洋装店」| DURKOPP ADLER

BLOG

BLOG 2017.09.07

DURKOPP ADLER


ずっと調子がイマイチだった“ぐし縫いミシン”(辻洋装店では“イセ寄せミシン”)

昨日やっと直してもらえました(^^;

まだ完治したわけじゃないけど、今までよりはだいぶ良さそう!

キュプラの裏地にも厚手のツウィードにもかなりの分量のイセを入れたいので、

超繊細なセッティングが必要なんです。

高級品の縫製ではあまり使われることのないミシンですが、辻洋装店では大活躍!

コレは2代目です(^^)

DURKOPP ADLER

辻洋装店では珍しいドイツのミシンです!

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の末弟

ツジゴウ


よく読まれている記事

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

職場体験

今年はこれまでに22名の方が辻洋装店のインターンシップ(...

社員旅行2019

今年の社員旅行は初島に行ってきました。社員旅行で...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...

袖付けの極み

服作りにおいて、よくキーポイントとして挙げられる袖。 ...