東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 1人

BLOG

BLOG 2020.10.26

1人


2021年春の新卒採用は、、、1名となりました。(例年3〜5名)

カシミヤコートの玉縁ホール

コロナ禍で仕事の量はもっと減るだろうし、

今いる従業員を守らなくてはいけないし、

現在、大切なのは先(人材育成)のことより今(効率重視)のことじゃない!?

議論を重ねて、重ねて、考えて、考えて、、、1人に決めました。

カシミヤジャケットのフラップ

辻洋装店は45年前から毎年欠かさず新卒採用を続けています。
従業員の高齢化がすすみ、人を育てる(技術を伝える)余裕さえなくしてしまった縫製業界では珍しいことだと思います。
もちろん、毎年新卒採用することのメリットもその裏の苦労も、理解しているつもりです。
その上で、やはり今年は見送ろうか、という話も出ました。

しかし、こんな状況下でも明るく前を向いて仕事に取り組めるMさんを採用することにしました。
インターンの時から最終面接まで縫製の仕事に対するブレない信念を感じさせてくれました。

同期がいなくて寂しい思いをさせてしまうかもしれないけど、先輩みんな優しいし、Mさんなら大丈夫です!

 

1人だからこそ

 

コロナだからこそ、です。

 

将来、コロナ禍を笑って振り返れるように、精一杯いまを頑張りましょう。

共に働けることを楽しみにしています!

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

仕事依頼 ex.

辻洋装店のお客様の大半はアパレルメーカーやOEM会社など...

TV 出演

少しだけ、ですが、辻洋装店がテレビに映ることになりそうで...

『夏ノマスク』の裏話

ご好評いただいている辻洋装店の【夏ノマスク】。...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

モノづくり

本日いらっしゃった見学のお客さまからいただいた質問(^^...