東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 神さまとお客さま

BLOG

BLOG 2014.09.01

神さまとお客さま


『前工程は神様、後工程はお客さま』

 

“トヨタ式において、自分たちに出来ないことをやってくれる前工程はありがたい「神様」であり、

自分たちが作ったものを受け取ってくれる後工程は「お客さま」となる”

 

IMG_9104

シビレました!

辻洋装店の仕事を大きく分けると

設計 → 裁断 → 縫製 → まとめ → プレス となります。

その中で、辻洋装店では前工程や後工程をどちらかというと “同じ目標をもった仲間” と考える傾向があります。

その通りなんですけど“仲間”だと、どうしても甘えから『リクエスト(お願い)』が多くなってしまいます。

 

感謝の対象である“神さま”が前工程

 

「お客さま(後工程)のために何ができるか」を考えることが改善の基本

 

各部門内でも同じことが当てはまりそう・・・というかどんな仕事でも当てはまるのかな?

何か見えてきそうです(^^)

 

IMG_9098

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

 


よく読まれている記事

『夏ノマスク』販売開始

これまで、依頼されたお仕事として数千枚のマスク製作をお手...

必要とされる喜び

縫製工場は得意なアイテムやそのカテゴリーで結構ハッキリと...

学び合い

次の社内テストに向けての勉強会が行われました。社...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...