東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 工業用パターン

BLOG

BLOG 2012.05.10

工業用パターン


 

「ここは34mm切り開いてゆとりをいれてあります。

ここには、アームホールのツレ防止のために2mmゆとりが入ってます。

あと、ここにはゆとりというかキセ分が4mm。下の方で自然に消してます。

・・・・・・」

な~んてゆう“裏地のゆとり解説”や“衿の展開解説”など

辻洋装店工業用パターンのキモが映像になっていて(売れる?)

iPadでいつでも見れるようになっています。

 

意欲のある人が成長できる環境・・・

もっと充実させたいのです(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

『夏ノマスク』販売開始

これまで、依頼されたお仕事として数千枚のマスク製作をお手...

必要とされる喜び

縫製工場は得意なアイテムやそのカテゴリーで結構ハッキリと...

学び合い

次の社内テストに向けての勉強会が行われました。社...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...