東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 生きてます

BLOG

BLOG 2017.02.16

生きてます


辻洋装店ではほぼ全ての製品・表地を

 

粗断ち→芯貼り→寝かせ(リラックス)→正断ち

 

と、かなり手間をかけて精度の高い裁断を行なっていますが、

それでも裁断後や製品になった後に生地が動く(寸法が変わる)ことがあります。

IMG_6964

怪しい時は裁断前に2〜3日放反したり、

半製品の状態でハンガーに吊るして2〜3日置いてみたり、

裾上げを最後にやったり・・・

あらゆることを試します。

 

社内でスポンジングできる環境には憧れるけど、

高級輸入生地はスポンジングにかけると風合いが変わってしまうことが多いんです(^^;

ツジゴウ


よく読まれている記事

『夏ノマスク』販売開始

これまで、依頼されたお仕事として数千枚のマスク製作をお手...

必要とされる喜び

縫製工場は得意なアイテムやそのカテゴリーで結構ハッキリと...

学び合い

次の社内テストに向けての勉強会が行われました。社...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...