東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 油の塩梅

BLOG

BLOG 2020.03.02

油の塩梅


ミシンはあちこちで鉄と鉄が擦れ合っているので油が切れると不具合が起きるのはなんとなく想像できると思います。

釜の油調整

一方、油が多すぎるとミシンから染み出して製品を汚してしまったり、糸を通して油ジミになったり、、、、
多すぎてもいいことはありません。

釜の油調整(別バージョン)

ミシンごとに“いい塩梅”を見つけます。

ヘッドの油調整

工業用ミシン(ex一本針本縫いミシン)には油量を調整するところが2箇所あります。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

『夏ノマスク』販売開始

これまで、依頼されたお仕事として数千枚のマスク製作をお手...

必要とされる喜び

縫製工場は得意なアイテムやそのカテゴリーで結構ハッキリと...

学び合い

次の社内テストに向けての勉強会が行われました。社...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...