東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 油の塩梅

BLOG

BLOG 2020.03.02

油の塩梅


ミシンはあちこちで鉄と鉄が擦れ合っているので油が切れると不具合が起きるのはなんとなく想像できると思います。

釜の油調整

一方、油が多すぎるとミシンから染み出して製品を汚してしまったり、糸を通して油ジミになったり、、、、
多すぎてもいいことはありません。

釜の油調整(別バージョン)

ミシンごとに“いい塩梅”を見つけます。

ヘッドの油調整

工業用ミシン(ex一本針本縫いミシン)には油量を調整するところが2箇所あります。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

服の品格を決定づける5...

洋服づくりの経験が浅く、普通の縫製工場で縫われた商品にな...

仕事依頼 ex.

辻洋装店のお客様の大半はアパレルメーカーやOEM会社など...

『夏ノマスク』の裏話

ご好評いただいている辻洋装店の【夏ノマスク】。...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

近道

たま~に現れます。 仕事を選ぶひと。「これはや...