東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 服づくりの未来

BLOG

BLOG 2020.12.18

服づくりの未来


JUKIの新しい製品やサービスの開発のために少しだけ協力させていただきました。

カメラ2台で定点観測。

“オペレーターがどのくらいの頻度でどのボタンに触るのか”などのデータが欲しいようです。

今まで当たり前にアナログだったことを少しずつデジタルにしていこうという大きなプロジェクトと、オペレーターの使いやすさを見つめ直す新製品の開発プロジェクトの2チームでの来社でした。

生地とか、婦人服とか、曖昧な要素を多く含んだことをデジタルにすることは考えれば考えるほど難しそうです。
経験とかカンとか「なんとなく」とか「やってみて」とかが多すぎるのです。

でも、9000Cの開発に直接携わった方々なのでいろいろなお話が聞けて、
私達にとっても有意義な時間でした。

インタビューも丁寧でした。

30年後の服づくりはどうなっているのでしょう!?

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

仕事依頼…メローロック

メローロック(巻きロック・細ロック)に関するお問い合わせ...

【費用は?】アパレルメ...

(2021年5月追記) 業界では当たり前すぎてわざわざ...

仕事依頼…オリジナルワ...

Magnolia collection (マグノリアコレ...

『夏ノマスク』の裏話

ご好評いただいている辻洋装店の【夏ノマスク】。...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...