東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 小バサミは置かない

BLOG

BLOG 2020.03.19

小バサミは置かない


辻洋装店では『テープ貼り』や『ロックミシン』の工程中、小バサミを置いてはいけないことになっています。

小バサミを握りながら蒸気のコントロールもできます。

“置く”という動作をしてしまうと、次に使うときに

“探す”と“取る”

という動作が必要になります。

パーツの形を整えてテープ貼り。

必要なところでカット。

“持ったまま” が可能であれば、“置く” “探す” “取る”という動作が省けるのです。

持ち手はハサミの傷だらけ。。。

歴史が刻まれています。

そんなプロの技は一連の動作にムダがなく、素早く滑らかで、所作に優雅さを感じる程です。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

辻洋装店の針 ③折れ針

手縫い針の破損は曲がりやサビ(手汗でサビると生地への通り...

オーダーメイド

辻洋装店は婦人服を作っている会社です。なのにこの...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...

袖付けの極み

服作りにおいて、よくキーポイントとして挙げられる袖。 ...

パンフレット

10年以上前の辻洋装店のパンフレットを発見!  ...