東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 小バサミは置かない

BLOG

BLOG 2020.03.19

小バサミは置かない


辻洋装店では『テープ貼り』や『ロックミシン』の工程中、小バサミを置いてはいけないことになっています。

小バサミを握りながら蒸気のコントロールもできます。

“置く”という動作をしてしまうと、次に使うときに

“探す”と“取る”

という動作が必要になります。

パーツの形を整えてテープ貼り。

必要なところでカット。

“持ったまま” が可能であれば、“置く” “探す” “取る”という動作が省けるのです。

持ち手はハサミの傷だらけ。。。

歴史が刻まれています。

そんなプロの技は一連の動作にムダがなく、素早く滑らかで、所作に優雅さを感じる程です。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

仕事依頼…メローロック

メローロック(巻きロック・細ロック)に関するお問い合わせ...

【費用は?】アパレルメ...

(2021年5月追記) 業界では当たり前すぎてわざわざ...

仕事依頼…オリジナルワ...

Magnolia collection (マグノリアコレ...

『夏ノマスク』の裏話

ご好評いただいている辻洋装店の【夏ノマスク】。...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...