東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 仕事依頼…オリジナルワンピース

BLOG

BLOG 2021.02.22

仕事依頼…オリジナルワンピース


Magnolia collection (マグノリアコレクション)

イメージコンサルタント望月順子さんオリジナルワンピースを辻洋装店で製作することになりました。

望月さんがオリジナルワンピースの企画を立ち上げてからは、2年以上の試行錯誤があり、辻洋装店にたどり着いたのが2019年でした。それまでのご苦労はblog〈服作り〉に記されています。(なんとご自身で製図の勉強もなさっています!)

私が初めてなので、知らないことばかりだから、なかなか進まないというのも理由です。

色々進めて行くうちに少しずつ詳しくなります。
洋服作りって、分業なんですよね!

生地は生地屋さんで調達。
パタンナーさんにパターンを作ってもらい、サンプル作りをする人はまた別。
縫製はまた別。

大きいブランドは、全て社内に揃えていたりするのですが、私のような者だと、生地の手配からして「どこで誰に聞けばいいの?生地ってどこで買うの?」という感じです。

今のところ、出来上がってきて「うっとり」という感じがないのですよ。

デパートで売っていたら、10万円〜20万円くらいになるクオリティの物を作りたいと思っています。

私自身は、ワンピースだったら10万円〜20万円のものをデパートなどで買っているわけです。
自分がいつも目にしている服のクオリティと比較もしますし、私が「着たい」と思うかどうかというのは絶対的なポイントです。

今のところ、「着たい」と思えるようにはならなくて、それが何が原因なのかは、服作りど素人の私は少しずつ検証して分かってくる・・・という感じです。

今回、辻洋装店では望月さんのあふれる想いを“洋服”というカタチにするお手伝いをさせていただいております。

デザイナーは当然望月さんですが、絵が描けなくてもOKです。
パタンナーも不要です。
サンプル工場も不要です。
商社も不要です。
すべて辻洋装店(量産を生産する工場)で製作するのが自然なことのような気がします。

最も重要なのは作りたい人の服に対する熱量です。
中間に人が入れば入るほど、作りたい人の想いが作る人に伝わりづらくなります。

生地や副資材の手配やマスターパターンの製作、クリーニング表示やグレーディングピッチなども相談に乗りながらサンプル製作を重ね、ようやく販売に至りました。

正にありそうでなかった名脇役(逸品!)になると思います。
望月さんの商品説明に説得力がありすぎて、着れないのに私も欲しくなってしまいました(笑)

価格には私たちも驚いてしまいましたが、辻洋装店クォリティーは保証いたします。

受注生産のため量産はこれからになります。(受注の締め切りは3月7日)
今がチャンスではないでしょうか!?

お早めにどうぞ。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

仕事依頼…オリジナルワ...

Magnolia collection (マグノリアコレ...

代替わり

このたび代表取締役の職を辞任いたし取締役会長に就任いたし...

仕事依頼 ex.

辻洋装店のお客様の大半はアパレルメーカーやOEM会社など...

『夏ノマスク』の裏話

ご好評いただいている辻洋装店の【夏ノマスク】。...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...