東京中野の縫製工場「辻洋装店」| プロの裏ワザ

BLOG

BLOG 2014.11.17

プロの裏ワザ


最近、辻洋装店の縫製部主任が“ベルベット用押さえ金”の新しい使い方を説いております。
それがこちら!

IMG_9870

コレ、別に足で押さえを上げているわけじゃないんですよ。

針を落としてもこんな状態。

IMG_9875

通常、押さえ金は常に針板に押しつけられた状態で縫製します。
つまり、縫う布には常に上から圧力がかかっているのです。
なので2枚の布を接ぐときなどは送り歯のある下の布に比べて上の布は押されてきやすい。

<通常 ↓ >

IMG_9874

その圧力を極力フリーにして、且つ縫いズレを防止するために!

このベルベット用押さえ金をこんなに浮かせて縫うのです(^^)

IMG_9868

すると、押されてこない!ピリつかない!縫いズレない!柄合わせも楽チン!
と、いいことづくめ♪

キモはこのベルベット用押さえ金の“底の形状”なのかな?
細かい理屈はよくわかりません(^^)

それと、この裏ワザは“厚地限定”ですのでアシカラズ・・・。

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

職場体験

今年はこれまでに22名の方が辻洋装店のインターンシップ(...

社員旅行2019

今年の社員旅行は初島に行ってきました。社員旅行で...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...

袖付けの極み

服作りにおいて、よくキーポイントとして挙げられる袖。 ...