東京中野の縫製工場「辻洋装店」| ファスナー付け

BLOG

BLOG 2019.09.18

ファスナー付け


JUKIとYKKが開発した“エアリーストリング”も素晴らしいですが、辻洋装店でのファスナー付けは主に上下送りミシンで縫っています。ファスナー付近の縫製は美しいワンピースのバックスタイルを印象づける重要な要素でありますが、比較的硬いファスナーのテープ部分と高級婦人服に使われるソフトな生地を綺麗に縫い合わせるのは至難の業なのです。

コンシールファスナー付け

そのために“押さえ金”部分にも送り機能が付いた上下送りミシンを使うのですが、「エレメントに合わせた押さえ金のミゾ」と「針とエレメントの繊細な距離」が重要であることを最近、再確認しました。
エレガントなバックスタイルにはコンシールファスナーのエレメントの際を縫うことが求められますが、エレメントに針が当たってしまうと目飛びの原因になります。紙1枚、2枚くらいの非常に繊細な設定が必要となってきます。

ミゾの深さやキョリ違いで押さえ金がいくつか・・・

ファスナー止まりの遊環下止を加締めるのにはYKKの専用プライヤーです。
以前は市販のプライヤーを使っていましたが、力加減が難しく確実に止めるために何度か締める手間がかかっていました。
専用プライヤーを使うと一度で確実に止めることができます。もう手放せません。

YKKのコンシールプライヤー

明日はFISMA TOKYO東京ファッション産業機器展エアリーストリングを見てきます。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

仕事依頼…Magnol...

イメージコンサルタント望月順子さんのMagnolia c...

仕事依頼…メローロック

メローロック(巻きロック・細ロック)に関するお問い合わせ...

【費用は?】アパレルメ...

(2021年5月追記) 業界では当たり前すぎてわざわざ...

仕事依頼…オリジナルワ...

Magnolia collection (マグノリアコレ...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

素人が秋刀魚を美味しく...

(2021年10月追記) 5年で300尾以上の秋刀魚を...