東京中野の縫製工場「辻洋装店」| テフロン押さえ

BLOG

BLOG 2020.09.11

テフロン押さえ


普通の一本針本縫いミシンは、生地を上から押さえ金で押さえながら下からの送り歯で生地を送って進んでいます。
当然、生地と押さえ金の摩擦抵抗が大きくなれば、押さえ金に接している生地はそれほど進まず、送り歯に接している生地だけ進んでしまい、イサりの原因となります。

そんな時は、滑りが抜群にいい“テフロン押さえ”が重宝します。

¥600〜くらいです。

縫製箇所によって様々な加工がしやすいのも嬉しいところですが、変形しやすいというデメリットも。。。

薄物を縫い続けて送り歯の跡がクッキリ。。。

送り歯の跡が深いミゾになってしまうと上からの押さえが効かずにトラブルの元になります。

そんな時は400番くらいの紙やすりで平らに削ると簡単に復活します。

医療用ガウンでも活躍しています。

テフロンの“ソリ”部分のみでも販売しているので少しストックしてあります。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

仕事依頼 ex.

辻洋装店のお客様の大半はアパレルメーカーやOEM会社など...

TV 出演

少しだけ、ですが、辻洋装店がテレビに映ることになりそうで...

『夏ノマスク』の裏話

ご好評いただいている辻洋装店の【夏ノマスク】。...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

モノづくり

本日いらっしゃった見学のお客さまからいただいた質問(^^...