東京中野の縫製工場「辻洋装店」| カゴ

BLOG

BLOG 2017.09.04

カゴ


辻洋装店で「カゴ」と呼んでいる仕掛かり品を置く台。

だいぶ傷んでガタがきて、そろそろ引退かな〜というのがいて、

最近新たに作ったりしたんですが、

その引退選手の貫禄がスゴイんです。

裏地で包んで使っていたのですが、内側にはなぜか古い新聞紙が貼ってありました。

釘とか棘が悪さをすることもあります。

何かの端材で付け直した脚・・・(^^;

新聞の日付は昭和23年1月19日!

辻洋装店は昭和22年(1947年)創業なので、

ほぼ創業当時からの「カゴ」なんですね。

創業当時から苦楽をずっと共にしてきたんだな〜と思うと感慨一入・・・

分解はするけど一部保管決定!

博物館入りします(^^)

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の末弟

ツジゴウ

 


よく読まれている記事

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

職場体験

今年はこれまでに22名の方が辻洋装店のインターンシップ(...

社員旅行2019

今年の社員旅行は初島に行ってきました。社員旅行で...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...

袖付けの極み

服作りにおいて、よくキーポイントとして挙げられる袖。 ...