東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 『夏ノマスク』の裏話

BLOG

BLOG 2020.08.21

『夏ノマスク』の裏話


ご好評いただいている辻洋装店の【夏ノマスク】

「息がしやすい!」「呼吸が楽!」というお声をたくさんいただいております。

それもそのはず、口や鼻に触れる面をダブルガーゼ1枚にしているからです。

開発段階では比較的縫製が簡単な“中心で接ぐタイプ”をメインに制作していました。

中心で接ぐタイプのマスク

しかし、試着してみると口や鼻に触れる面が2枚以上(縫代を含めるともっと厚い!)になるため「暑くて付けていられない」し、「洗うとシワが気になってアイロンするのも結構大変」だったのです。

サンプルNo.は10 を超えました。

半ば開き直って“一枚仕立て”を試作してみると、洗った後のシワもそれほど気にならず、
何より他のサンプルに比べて圧倒的に快適だったのです。

問題になったのはコストです。
意外にも“一枚仕立て”は“中心で接ぐタイプ”と比べると縫製工程が約1.5倍(当社比)かかるのです。

利益を出さないと継続できないし、、、
消耗品だし、皆さまに日常使っていただきたいから高額にはしたくないし、、、
最後まで悩みました。

お客様の中で縫製に明るい方々からは“仕立て”と“縫製の美しさ”を評価していただき、
「安すぎる!」とお叱りの様な(笑)激励も頂戴しております。

現在市販されているたくさんの布マスクを見てみると、日本製の中心価格は1枚あたり¥1000〜¥1500くらいでしょうか。

辻洋装店の【夏ノマスク】は、
高級婦人服を専門としている縫製工場が
胸を張ってお届けする
とってもリーズナブルな商品となっております。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ

 


よく読まれている記事

『夏ノマスク』の裏話

ご好評いただいている辻洋装店の【夏ノマスク】。...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

松下幸之助の運命論

時々思い出して反省します。“私は日々に感謝して、...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

ワンピースの美しいスソ

表ではまるで何事もなかったかのように 平然としている・...

オリジナル♪

『協力』の続編です。ボタンホール開けたり、ボタン...