東京中野の縫製工場「辻洋装店」| DURKOPP ADLER

BLOG

BLOG 2017.09.07

DURKOPP ADLER


ずっと調子がイマイチだった“ぐし縫いミシン”(辻洋装店では“イセ寄せミシン”)

昨日やっと直してもらえました(^^;

まだ完治したわけじゃないけど、今までよりはだいぶ良さそう!

キュプラの裏地にも厚手のツウィードにもかなりの分量のイセを入れたいので、

超繊細なセッティングが必要なんです。

高級品の縫製ではあまり使われることのないミシンですが、辻洋装店では大活躍!

コレは2代目です(^^)

DURKOPP ADLER

辻洋装店では珍しいドイツのミシンです!

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の末弟

ツジゴウ


よく読まれている記事

辻洋装店の針 ②手縫い...

基本の3本 辻洋装店ではアトリエ(縫い場)にいるスタッ...

変わる縫製工場

毎年の恒例となりましたが、こちらのサミット開催も来週と迫...

洋服づくりは人づくりの...

縫製道 茶道 華道 香道 書道 剣道 柔道 合気道 相...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...