東京中野の縫製工場「辻洋装店」| おいでやす~

BLOG

BLOG 2013.06.01

おいでやす~


こんにちは!

 

最近、アトリエ1Fの空気が上手いこと回るようになってきました!

快適ー!

 

どうも、kumiです。

 

 

ついに梅雨に突入してしまいましたね。

今年は例年より早めだということで、

夏の暑さも早足で来てしまうのかなーと

今から気持ちがバテそうです。

 

さて、5月の末、

私は高校時代の友達とプチ旅行を決行しました!

 

行き先は、京都です!

ザ・旅行という感じの行き先ですが、

今回は京都に住む共通の友達に会いに行く、

という目的の下に行って参りました。

 

着いて早々、暑い!

5月と言えど、京都は暑い時はとても暑く、

寒い時は本当に寒いらしく、

友達も、去年の冬は死ぬかと思った…ともらしていました。

 

でもやはり時期的に修学旅行生なども多く、

相変わらず人がたくさんいました。

 

私も、中学の修学旅行は京都だったので、

とても懐かしく、

あの頃見た同じ景色でも、

今の自分が見ると、こんなにも感じ方が違うのかという位、

ワビサビの世界観も

少しはわかるようになったかなと思われます。(笑)

 

さて、京都と言えば“おばんざい”!

程度に寄っては“おぞよ”とも言うそうです。

数あるお店の中から、友達が選んでくれた「三味洪庵」という、

おぞよがいただけるお店へ。

なんとも風情ある京都らしいお店で、

お店の側には水路があり、涼しげな演出が素敵でした。

 

ランチながら盛りだくさんの内容で、

京都らしく控えめな華やかさが私にはとても満足でした。

 

 

 

友達とも久々に会えたので、

ランチの後はみんなでお散歩がてらに平安神宮へ!

 

とっても広くて

なんだか神聖な空気感が漂う平安神宮。

 

幸い、天気にも恵まれ、

青空と建物の色が一枚の絵のようで本当に素晴らしかったです。

 

 

お散歩の後は小腹が空いたので、京都でちょっと有名なスイーツへ。

 

和菓子職人と洋菓子職人のご夫婦が経営しているお店だそうで、

メニューも和と洋のハーモニーが楽しめる、ありそうで無かったスイーツ達。

中でもイチオシの、抹茶ティラミスというのを頂きました!

 

これがまた…控えめな甘さで、

時折香る抹茶の香りが上品でとても美味しかったです。

 

 

 

友達ともまたの再会を約束し、

私達は予約を入れていた今日の夕飯へ…(食べてばかりですね…)

 

夕飯はちょっとリッチにいこうと前から相談していたので、

京都駅付近にある“京大和館”という、京懐石のお店へ。

 

ここは、やはり少し敷居の高いお店のようで、ちょっぴり緊張しましたが、

毎年恒例のTACのマナーが役立ちました!

お作法は正解かわかりませんでしたが、場に慣れておくというのも、

いざという時に必要だなぁと改めて思いました。

 

季節に合ったお料理が次々と出てきて、とても美味しく頂きました!

彩りが綺麗で、目にも舌にも充分保養になった御夕食でした。

 

 

 

 

さて、二日目にも、友達とこれだけは絶対やろうと約束していたことがありました。

 

ご存知の方も多いいと思われますが、

京都と言えば、舞妓さん!

…そう、舞妓さんになってきました!!(笑)

 

舞妓体験ができるお店は、探すとかなりあり、

京都ではすっかり定着したものとなっているようです。

 

お店によっては、舞妓さんだけでなく

芸妓さんや花魁など、様々な格好もさせてもらえたりします。

 

私たちは初めてということもあり、全くの定番から。

いろいろなお店の中から清水寺の近くにある“夢工房”というお店を選びました。

 

お化粧から始まり、顔が真っっっ白になり、

手際良く着物を着させていただき(だらりの帯は作り帯を挿すタイプでした。)、

もはや誰だかわからない状態(笑)

 

友達とも顔を見合わせては、クスクス…(お化粧のせいで大っぴらに笑えないのです。)

 

本当にこの姿だけを遠目に見たら、本物の舞妓さんと思われると思います。

 

写真撮影をして、その後は自由に街中を歩いてもよいコースもありましたが、

私たちは、“いや、そんなことはできません!”(笑)と

撮影のみに留め、体験を終えました。

 

出来上がった写真を見ると…実に面白い!

いつぞやのお笑い芸人、“小梅太夫”のような…(笑)

普通に写真を撮ってもこんなポーズはしないな、という

舞妓さんならではの写りで、カメラマンさんのプロ意識が伺えました。

 

写真は、きちんとまとめて一カ月ほどで送られてくるそうで、

何から何まで至れり尽くせりの体験でした。

 

今度、京都へお越しの際は、是非!!舞妓体験をお勧め致します。

女性はもちろん、男性も、侍や、新撰組隊士などにもなれるようです。

 

年齢も様々のようで、

お子様から、60~70代の方も来店するのだとか!

 

社寺めぐりも素敵ですが、なりきることで見えてくる京都もあるんだなぁと思います。

 

 

 

今回の京都旅行は、いろいろと濃い内容が盛りだくさんでしたが、

また行きたいと思える場所です。

 

味良し、見て良し、なって良し!

文句なしの京都。

今度は社員旅行で、どうでしょう?!^^

 

 

kumi


よく読まれている記事

辻洋装店の針 ②手縫い...

基本の3本 辻洋装店ではアトリエ(縫い場)にいるスタッ...

変わる縫製工場

毎年の恒例となりましたが、こちらのサミット開催も来週と迫...

洋服づくりは人づくりの...

縫製道 茶道 華道 香道 書道 剣道 柔道 合気道 相...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...