東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 針供養

BLOG

BLOG 2017.02.09

針供養


モノを大切にする文化は外国にもあるけど、

“モノに魂が宿る”なんて考えるのは日本人くらいだそうです。

IMG_6975

いつも使ってる道具にも、当然愛着が湧いて大事にして感謝します。

ついでにちょっと擬人化して供養までします。

 

“お疲れ様でした。

最期くらいは柔らかいものに刺さってください。

ご冥福をお祈りいたします。

本当に有難うございました。”

 

ってことです。

なんか粋(イキ)じゃないですか?コレ(^^)

IMG_6983

針仕事って昔は生活の一部だったんだろうな〜(^^)

ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

ボビンに巻かれた下糸が...

“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる” ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...