東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 針供養

BLOG

BLOG 2017.02.09

針供養


モノを大切にする文化は外国にもあるけど、

“モノに魂が宿る”なんて考えるのは日本人くらいだそうです。

IMG_6975

いつも使ってる道具にも、当然愛着が湧いて大事にして感謝します。

ついでにちょっと擬人化して供養までします。

 

“お疲れ様でした。

最期くらいは柔らかいものに刺さってください。

ご冥福をお祈りいたします。

本当に有難うございました。”

 

ってことです。

なんか粋(イキ)じゃないですか?コレ(^^)

IMG_6983

針仕事って昔は生活の一部だったんだろうな〜(^^)

ツジゴウ


よく読まれている記事

『夏ノマスク』販売開始

これまで、依頼されたお仕事として数千枚のマスク製作をお手...

必要とされる喜び

縫製工場は得意なアイテムやそのカテゴリーで結構ハッキリと...

学び合い

次の社内テストに向けての勉強会が行われました。社...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...