東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 針供養

BLOG

BLOG 2017.02.09

針供養


モノを大切にする文化は外国にもあるけど、

“モノに魂が宿る”なんて考えるのは日本人くらいだそうです。

IMG_6975

いつも使ってる道具にも、当然愛着が湧いて大事にして感謝します。

ついでにちょっと擬人化して供養までします。

 

“お疲れ様でした。

最期くらいは柔らかいものに刺さってください。

ご冥福をお祈りいたします。

本当に有難うございました。”

 

ってことです。

なんか粋(イキ)じゃないですか?コレ(^^)

IMG_6983

針仕事って昔は生活の一部だったんだろうな〜(^^)

ツジゴウ


よく読まれている記事

秋刀魚と被災地

今年も社長宅で秋刀魚をいただきました。東日本大震...

東京事情

辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタの...

防災の日

今年も避難訓練を行いました。(去年の様子)「ヘル...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

素人が秋刀魚を美味しく...

5年で300尾以上の秋刀魚を焼いてきた辻洋装店プレス部主...