東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 辻洋装店の針 ①ミシン針

BLOG

BLOG 2017.11.21

辻洋装店の針 ①ミシン針


極薄シルクから極厚ウールまで多種多様で感性に富んだイタリア製生地を高級婦人服に仕立てるためには、あらゆるトラブルを回避・軽減するため、各部門(パターン、裁断、縫製、まとめ、プレス)に様々なノウハウがあります。
縫製部門では“ミシン針の選択”もその一つといえます。

ミシンと縫目

しかし、生地に適した針を選ぶには針の種類を知る前に、ミシンの基本構造と本縫いの組成を知ることが大切です。

ミシン針のえぐれ(右側)

針が生地を貫通して戻るときに針穴の片側にあるえぐれで上糸に少したるみ(ループ)ができます。そこに下糸のある釜の剣先が通ることで上糸と下糸が結び目を作り縫目が形成されます。(これを理解していると針の向きを間違えてミシンにセットすることがなくなるハズです)

釜の剣先が針のえぐれ横の糸ループを通ります

KNかNS

その上で針の種類・特性を知り、生地と糸に合わせていきます。
日本には世界に誇る針メーカーである「オルガン針株式会社」があるのでFISMAに行くたびにブースで話を聞き、全てのカタログとリーフレットは社内でファイリングして常時参考にさせていただいています。

縫製トラブルには必ず原因があるのでそれを探りながらですが、本縫いミシンでもっとも頻繁に使う針は#9#11のKNかNSです。ちょっと何かあったら試しにKNかNSを使ってみます。

目飛びしたら・・・
糸返りしたら・・・
糸引きしたら・・・
ピリついたら・・・
糸切れしたら・・・

針は数ある原因の一つなのでこれが全てではないですが、大いに助けられています。

あとは解説を添えて在庫を整理整頓しておけば、必要な人が必要な時に即試すことができます。

とりあえず試しに・・・

繊維の中までは見えないし、時には生地に貼られた芯も影響するので針の選択は基本的にトライアンドエラーの世界だという認識です。高級婦人服の縫製の場合、扱う生地の種類が多すぎるので苦労して最適を見つけてもその生地と再会する可能性はほとんどないのが現実です。
辻洋装店社員の経験値は増すばかりなのです。

①ミシン針 ②手縫い針  ③折れ針 

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

新入社員セミナー その...

朝は国旗掲揚とラジオ体操からスタートです。[ca...

中野ランニングフェスタ...

今年も『中野ランニングフェスタ』に参加してきました。 ...

タテの繋がり

本日のお客様は織田ファッション専門学校の一年生と先生13...

JUKIの電子制御本縫...

アパレル工業新聞社のMさんがJUKIの電子制御本縫いミシ...

採用活動スタートしまし...

平成31年4月入社の新卒採用活動をスタートしました。 ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...