東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 辻洋装店の針 ②手縫い針

BLOG

BLOG 2017.12.08

辻洋装店の針 ②手縫い針


基本の3本

辻洋装店ではアトリエ(縫い場)にいるスタッフも含め、ほぼ全員が会社から支給された手縫い針を持っています。基本的に「短い針・長い針・マチ針」の3本のみです。これ以外の針の持ち込みは禁止となっています。当然、持ち出しもしてはいけません。基本の3本の他にはギザ針・とじ針・カギ針・編み機の針などを使うこともあります。

針カン

針の入る大きさで、フタのついた、落としても割れないモノに3本の針を入れて、「針カン」と呼んでいます。

針カン

アトリエでは3〜4人の少数精鋭グループ生産で一着を縫い上げます。主にミシンとアイロンでの仕事ですが、その中でも手縫いの工程は存在しています。

肩綴じ中

具体的には

・肩綴じ
・衿綴じ
・ポケット裏の千鳥
・(脇綴じ)
・(奥まつり)

などです。
“綴じ”とは“中綴じ”のことです。表地と裏地がパカパカしないように縫代同士を縫い合わせるのですが、内回り外回り分の釣り合いをみながら表にひびかないように適度なゆるみで縫い合わせるには手縫いがいちばんなのです。

針カン 中身

朝礼時と掃除前の1日2回、「針カンチェック」で本数を確認しています。

 ①ミシン針  ②手縫い針  ③折れ針 

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

秋刀魚と被災地

今年も社長宅で秋刀魚をいただきました。東日本大震...

東京事情

辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタの...

防災の日

今年も避難訓練を行いました。(去年の様子)「ヘル...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

素人が秋刀魚を美味しく...

5年で300尾以上の秋刀魚を焼いてきた辻洋装店プレス部主...