東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 袖付けの極み

BLOG

BLOG 2013.01.17

袖付けの極み


服作りにおいて、よくキーポイントとして挙げられる袖。

今日は辻洋装店の袖付けをご紹介します(^^)

まずはパターン♪

 

身頃と袖、アームホールの微妙な関係・・・

 欲しいのは

・ナイスな着心地&適度な運動量

・細く見える美しいシルエット

これらを高いレベルで両立すると、ど~~しても多くなるイセ分量。

もちろん、素材やデザインによっても変わりますが、辻洋装店では平均して4750㎜くらい♪

(身頃より袖が5㎝大きいってことです)

だんだんプレタっぽくなってきました(^^)

5㎝ものイセ分量をどうやってすっきりキレイに収めるのか・・・

プロですから!!腕の見せどころです(^<^)

 

 まず、特にイセが多い袖山にはイセ寄せミシンでイセを入れます。<1分>

 イセを入れたい箇所、量など細かな設定が出来るんです。

 

次に袖を付けやすくするためにアイロンでイセを消します。<1分>

 

ここからが袖付け。

各所にイセを入れながら袖を付けます。8分>

 

裄綿を付けて、伸び止めのためにカマを2度縫いしたら

 キレイで動きやすい袖、完成!

<>内は辻洋装店標準工程時間(^^)

プロですから!!クォリティーと生産性も両立します!

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

つばめ返し

デジタルテンションメーターで下糸のテンションを数値化でき...

ボビンに巻かれた下糸が...

“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる” ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...