東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 織紙

BLOG

BLOG 2014.03.13

織紙


辻洋装店注目アイテム(^^)

その二 『織紙(おりがみ)

 IMG_7901

初めて耳にする方も多いと思います。

主な特徴はこの3

・蒸気を通す

・ほぼ収縮しない

・加工しやすい

 厚手と薄手があるのでそれぞれを使い分けていますが、

メインの使い方としては上りパターンの大きさに加工して縫製前の生地に折りをいれたり、

IMG_7897IMG_7898

割りアイロンの時にアタリ防止に使ったり、

ゲージとして使ったり・・・

型ごと、サイズごとに加工する手間はありますが、

人を育てる工場としてクォリティーと生産性と均一性のバランスを考えると

織紙を使うアドバンテージは大きいのであります(^^)

IMG_7900

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

通過

6月末に新しい機械を導入しました。辻洋装店は狭い...

繊研新聞

6/19のセミナーの内容が繊研新聞(業界紙です)に掲載さ...

裏地

先日、裏地についての勉強会を行いました。小ロット...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

なぜ辻洋装店の社員は毎...

孝は百行の本なり 親になると分かりますが、親は子供が想...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...