東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 織紙

BLOG

BLOG 2014.03.13

織紙


辻洋装店注目アイテム(^^)

その二 『織紙(おりがみ)

 IMG_7901

初めて耳にする方も多いと思います。

主な特徴はこの3

・蒸気を通す

・ほぼ収縮しない

・加工しやすい

 厚手と薄手があるのでそれぞれを使い分けていますが、

メインの使い方としては上りパターンの大きさに加工して縫製前の生地に折りをいれたり、

IMG_7897IMG_7898

割りアイロンの時にアタリ防止に使ったり、

ゲージとして使ったり・・・

型ごと、サイズごとに加工する手間はありますが、

人を育てる工場としてクォリティーと生産性と均一性のバランスを考えると

織紙を使うアドバンテージは大きいのであります(^^)

IMG_7900

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

辻洋装店の針 ①ミシン...

極薄シルクから極厚ウールまで多種多様で感性に富んだイタリ...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...

縫製工場と女子大生

学生の工場見学は歓迎いたします 本日のお客様は実践女子...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

縫製機器をハンドメイド...

ロット(生産枚数)が多いときにはパターンシーマーを使うこ...