東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 縫製工場の働き方改革

BLOG

BLOG 2019.02.19

縫製工場の働き方改革


昔は都内の縫製工場の凄まじい“残業”のウワサをよく耳にしました。
今はどうなのでしょうか。。。

昨今、働き方改革でなにかと話題にのぼる“残業”ですが、ある研究チームが残業が発生する職場の特徴について分析し、残業発生のメカニズムを検証したそうです。

残業は「集中」して、「感染」して、「麻痺」させて、「遺伝」する、というのです。

辻洋装店は遅くとも20時には会社を閉めます

●集中:仕事のシェアがうまくいっておらず、優秀な部下や上司に残業が集中している

●感染:職場内の同調圧力により、帰りにくい雰囲気が蔓延する

●麻痺:長時間労働によって「価値・意識・行動の整合性」が失われ、健康被害や休職リスクが高まる

●遺伝:上司の若いころの習慣である長時間労働が、下の世代(部下)にも継承されている

なんだか説得力あります。
昔、中堅アパレルメーカーに勤めていた私には妙に懐かしくもあります。

有給休暇5日取得義務化も

これからは中小零細の製造業といえども“働き方改革”に本気で取り組まなければならない時代です。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

ボビンに巻かれた下糸が...

“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる” ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...