東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 縫い針

BLOG

BLOG 2015.09.24

縫い針


辻洋装店の社員はひとり1個、“針カン”を持っています。

 

適度な深さがあって、フタがついてて、落としても割れないことが条件(^^)

 

IMG_2112

朝と夕方、必ず中身を確認します。

使っても使わなくても必ず、です。

使う前後も確認します。

 

IMG_2113

中には針が3本。

マチ針・太針・細針。

会社からもらう指定メーカー、指定品番の針のみ。

これ以外は辻洋装店への持ち込み禁止。

 

IMG_2114

大切な仕事道具です(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

クリスマスパーティー2...

週末に『辻洋装店クリスマスパーティー2017』が行われま...

同業者の工場見学

先週は株式会社モンスター草桶社長以下13名さまと、米富繊...

縫製工場自立化への道

第5回 全国アパレルモノづくりサミット「自己変革で未来を...

辻洋装店の針 ③折れ針

手縫い針の破損は曲がりやサビ(手汗でサビると生地への通り...

松下幸之助の運命論

時々思い出して反省します。“私は日々に感謝して、...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...