東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 第6回 全国アパレルものづくりサミット

BLOG

BLOG 2018.11.28

第6回 全国アパレルものづくりサミット


毎年参加しているので年末の恒例行事のように感じられます。

今年は参加型の大討論会だそうです。
日本のアパレルものづくり業界に「何かを変えなくては!」という閉塞感はあると思います。でも、何も変えなくてもいい会社は何も変えなければいいし、変えなければ潰れてしまう会社は必死になって変えるんだと思います。進む方向を間違えたり変え方が分からなかったりすると会社がなくなってしまうかもしれません。社会から必要とされない会社は淘汰されてしまうのです。
これから先は我々の本気度が試されている気がします。「(取引先や業界に身勝手な期待はせずに)自社がどうなりたいのか」改めて考えるきっかけになればと思います。

縫製工場関係者が集まります。

 

http://www.apako-news.com/2018samito.pdf

申し込みは12/7までです。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

究極のベルベット縫製!...

“ベルベット”と一口にいっても メーカーによって、品番...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...