東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 神さまとお客さま

BLOG

BLOG 2014.09.01

神さまとお客さま


『前工程は神様、後工程はお客さま』

 

“トヨタ式において、自分たちに出来ないことをやってくれる前工程はありがたい「神様」であり、

自分たちが作ったものを受け取ってくれる後工程は「お客さま」となる”

 

IMG_9104

シビレました!

辻洋装店の仕事を大きく分けると

設計 → 裁断 → 縫製 → まとめ → プレス となります。

その中で、辻洋装店では前工程や後工程をどちらかというと “同じ目標をもった仲間” と考える傾向があります。

その通りなんですけど“仲間”だと、どうしても甘えから『リクエスト(お願い)』が多くなってしまいます。

 

感謝の対象である“神さま”が前工程

 

「お客さま(後工程)のために何ができるか」を考えることが改善の基本

 

各部門内でも同じことが当てはまりそう・・・というかどんな仕事でも当てはまるのかな?

何か見えてきそうです(^^)

 

IMG_9098

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

 


よく読まれている記事

クリスマスパーティー2...

週末に『辻洋装店クリスマスパーティー2017』が行われま...

同業者の工場見学

先週は株式会社モンスター草桶社長以下13名さまと、米富繊...

縫製工場自立化への道

第5回 全国アパレルモノづくりサミット「自己変革で未来を...

辻洋装店の針 ③折れ針

手縫い針の破損は曲がりやサビ(手汗でサビると生地への通り...

松下幸之助の運命論

時々思い出して反省します。“私は日々に感謝して、...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...