東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 社会科見学 その2

BLOG

BLOG 2019.12.16

社会科見学 その2


中野区立新井小学校から次のクラスが見学にいらっしゃいました。

「みんなが着ている服はどこで作られてるかな〜?」

服の裏についている品質表示を見ても、なかなかMade in Japanはありません。

やはりCAMの動きは小学生にはたまりません。

「あっ!帽子は日本製だ!」

糸の色は服に合わせて選びます。

そうです。日本の学校の制服(制帽)はほとんどが日本製なのです。

ボタンホールミシンも人気でした。

隣のクラスなのに雰囲気が全然違って、またとても楽しいクラスでした。

将来ファッションデザイナーになったら一緒にお仕事しましょう!

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

『夏ノマスク』販売開始

これまで、依頼されたお仕事として数千枚のマスク製作をお手...

必要とされる喜び

縫製工場は得意なアイテムやそのカテゴリーで結構ハッキリと...

リカバリーヘッドバンド

辻洋装店は高級婦人服(中でもジャケットやコートなどの重衣...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...