東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 工業用パターン

BLOG

BLOG 2012.05.10

工業用パターン


 

「ここは34mm切り開いてゆとりをいれてあります。

ここには、アームホールのツレ防止のために2mmゆとりが入ってます。

あと、ここにはゆとりというかキセ分が4mm。下の方で自然に消してます。

・・・・・・」

な~んてゆう“裏地のゆとり解説”や“衿の展開解説”など

辻洋装店工業用パターンのキモが映像になっていて(売れる?)

iPadでいつでも見れるようになっています。

 

意欲のある人が成長できる環境・・・

もっと充実させたいのです(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

究極のベルベット縫製!...

“ベルベット”と一口にいっても メーカーによって、品番...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...