東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 畳をひっくり返して長持ち

BLOG

BLOG 2016.10.24

畳をひっくり返して長持ち


ダイブ畳が傷んできたので“裏返し”をしてもらいました(^^)

 

img_6048

表替えしたのいつだっけ?と過去のBlogを見てみると

2014年の4月でした。

たまにはBlogも役に立ちます(^^)

 

img_6052

アトリエでは36人が毎日使っているので少し消耗が大きいのかな?

一般的には3~5年だそうです。

畳を張替えるタイミングは?

 

img_6090

2年半も使ってたのに新品みたい!

イグサの匂いも残ってます!

 

img_6092

やっぱり日本人は畳ですね~。

なんだか落ち着きます(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...