東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 生地の自重

BLOG

BLOG 2019.09.24

生地の自重


辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜を明かします。
横にして重ねるとシワになって形も崩れてしまうので、それを防ぐためです。まとめ、プレス工程への移動ももちろんハンガー。納品もほとんどがハンガー便です。(取引先様の指示によります)

社内のいたるところに仕掛品があります。

タタミジワが残るものはパーツも吊るします。

高級品の取り扱いには歴史があります。

これも商品に対する心遣いの一つです。

店頭でもお客様のクローゼットでもきっとハンガーのままです。
お客様がお召しになっている時も製品の自重で垂れている状態に変わりありません。

この先ずっと、廃棄されるまで生地の自重で垂れている。とすると、辻洋装店の裁断の仕組みはとても“理にかなっている”と思えるのです。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

縫製工場見学のコツ

縫製工場見学のコツはこちらにまとめてあります。→工場見学...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

同業者の工場見学

先週は株式会社モンスター草桶社長以下13名さまと、米富繊...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台 サイトをリニュ...

意外と知らない

社内でも意外と知らないんです・・・他部門の仕事。...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...