東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 生きてます

BLOG

BLOG 2017.02.16

生きてます


辻洋装店ではほぼ全ての製品・表地を

 

粗断ち→芯貼り→寝かせ(リラックス)→正断ち

 

と、かなり手間をかけて精度の高い裁断を行なっていますが、

それでも裁断後や製品になった後に生地が動く(寸法が変わる)ことがあります。

IMG_6964

怪しい時は裁断前に2〜3日放反したり、

半製品の状態でハンガーに吊るして2〜3日置いてみたり、

裾上げを最後にやったり・・・

あらゆることを試します。

 

社内でスポンジングできる環境には憧れるけど、

高級輸入生地はスポンジングにかけると風合いが変わってしまうことが多いんです(^^;

ツジゴウ


よく読まれている記事

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

職場体験

今年はこれまでに22名の方が辻洋装店のインターンシップ(...

社員旅行2019

今年の社員旅行は初島に行ってきました。社員旅行で...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...

袖付けの極み

服作りにおいて、よくキーポイントとして挙げられる袖。 ...