東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 生きてます

BLOG

BLOG 2017.02.16

生きてます


辻洋装店ではほぼ全ての製品・表地を

 

粗断ち→芯貼り→寝かせ(リラックス)→正断ち

 

と、かなり手間をかけて精度の高い裁断を行なっていますが、

それでも裁断後や製品になった後に生地が動く(寸法が変わる)ことがあります。

IMG_6964

怪しい時は裁断前に2〜3日放反したり、

半製品の状態でハンガーに吊るして2〜3日置いてみたり、

裾上げを最後にやったり・・・

あらゆることを試します。

 

社内でスポンジングできる環境には憧れるけど、

高級輸入生地はスポンジングにかけると風合いが変わってしまうことが多いんです(^^;

ツジゴウ


よく読まれている記事

PIJ(株)さんを工場...

先週末にPIJ(株)さんを見学させていただきました。 ...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

「縫製仕様書を鵜呑みに...

言われたことをただひたすらこなしていく作業は比較的簡単で...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...