東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 東京事情

BLOG

BLOG 2018.09.06

東京事情


辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタのクォリティーで一貫生産している縫製工場です。
東京都内にもかつては多くの同業者がいましたが、今ではほとんどなくなってしまいました。

東京都内で営業してるメリットはたくさんあるのですが、原反を置く場所にはいつも悩まされています。
狭い社内には延反機の下にしかスペースがなく、そこが溢れる緊急時には社長宅に場所を借ります。
最近は社長宅からも溢れて、かつての社員寮の居間が原反で埋め尽くされています。

大量の原反。

かつての社員寮。床が抜けないか心配です。

辻洋装店は量産の縫製工場ですので、これはうれしい悲鳴なのです。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

秋刀魚と被災地

今年も社長宅で秋刀魚をいただきました。東日本大震...

東京事情

辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタの...

防災の日

今年も避難訓練を行いました。(去年の様子)「ヘル...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

素人が秋刀魚を美味しく...

5年で300尾以上の秋刀魚を焼いてきた辻洋装店プレス部主...