東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 東京事情

BLOG

BLOG 2018.09.06

東京事情


辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタのクォリティーで一貫生産している縫製工場です。
東京都内にもかつては多くの同業者がいましたが、今ではほとんどなくなってしまいました。

東京都内で営業してるメリットはたくさんあるのですが、原反を置く場所にはいつも悩まされています。
狭い社内には延反機の下にしかスペースがなく、そこが溢れる緊急時には社長宅に場所を借ります。
最近は社長宅からも溢れて、かつての社員寮の居間が原反で埋め尽くされています。

大量の原反。

かつての社員寮。床が抜けないか心配です。

辻洋装店は量産の縫製工場ですので、これはうれしい悲鳴なのです。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

究極のベルベット縫製!...

“ベルベット”と一口にいっても メーカーによって、品番...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...