東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 新型本縫いミシン

BLOG

BLOG 2016.02.03

新型本縫いミシン


昨年発売されたbrotherの新型ミシン。

縫製業界ではちょっとした話題でした(^^)

 

IMG_3302

『S-7300A』

“電子送り本縫いダイレクトドライブ自動糸切りミシン”

 

どうやら針と送り歯が別駆動(モーター×2個!)になっていろんなことが出来るようになった・・・みたいです。

詳細はこちらをご覧ください(^_^;)

 

IMG_3304

昨日、サクッと設置完了。

 

IMG_3303

ホントにいろんな事が出来るみたいです。

40分かけて使い方を教えてもらいました(^_^;)

なかでも一番驚いたのは

送り歯の軌跡を簡単に変えられること、と

センサーで生地の段部(厚み)を検知できること!

 

IMG_3305

それらを組み合わせたパターンをプログラムに記憶させることもできます。

 

そうすると例えば

 

・2.9㎜のステッチ目で

・自動返しは初めだけで

・送り歯の軌跡はしっかり送ってくれるパターン3で

・生地が重なって一番厚い箇所の厚みはこのくらいで(ティーチングで簡単に記憶してくれます)

 

なんていう設定をタッチパネルでワンタッチで変えられるんです。

 

IMG_3307

いろいろ機能がありすぎて使いこなせるかどうかはとっても疑問です(^_^;)

 

今回はbrotherさんからのモニター依頼のような形なので

使ってみての意見をキチンとお伝えしようと思ってます♪

 

IMG_3308

それにしてもなんでも電子制御に頼るのはちょっと気が引けたりします。

 

修理できんのか~?

 

今までの機械式なら軽く30年くらいは使えたけどコレはきっとムリだよな~。

 

でも家電も車もいまは何でも電子制御だし、こうやって世の中便利になって来たんだしな~。

 

新しい技術を試しもしないで否定するのも違うよな~。

 

IMG_3309

と、気持ちは複雑だけどやることは明確!

 

とりあえず試してみます(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

 


よく読まれている記事

辻洋装店の針 ①ミシン...

極薄シルクから極厚ウールまで多種多様で感性に富んだイタリ...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...

縫製工場と女子大生

学生の工場見学は歓迎いたします 本日のお客様は実践女子...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

縫製機器をハンドメイド...

ロット(生産枚数)が多いときにはパターンシーマーを使うこ...