東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 数字

BLOG

BLOG 2013.06.29

数字


量産に入る前にはすべての型で“工程分析”が済んでいます。

当然、各工程には時間も割り振られ“工程時間”も決められています。

 

いまやっている仕事が工程時間内で出来ているのか?

 

どのくらいオーバーしたのか?

 

どのくらい速くなったのか?

 

タイマーを押すのか、押さないのか。

 

意識するのか、しないのか。

 

プロですのでクォリティーとスピードの両立を目指します!

 

そして、いま何時なのか?(^^)

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

通過

6月末に新しい機械を導入しました。辻洋装店は狭い...

繊研新聞

6/19のセミナーの内容が繊研新聞(業界紙です)に掲載さ...

裏地

先日、裏地についての勉強会を行いました。小ロット...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

なぜ辻洋装店の社員は毎...

孝は百行の本なり 親になると分かりますが、親は子供が想...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...