東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 数える時間を大幅に短縮!

BLOG

BLOG 2017.10.10

数える時間を大幅に短縮!


購入を検討していたカウンティングスケールがついにやってきました!

辻洋装店が選んだのは『FC–1000i』というモデル → amazonで売ってます

数をチェックしたいとき、サイズ毎に数を分けたいとき、

サクッと簡単にできちゃいます。

使用頻度の高い定番の付属品は登録しておくとすぐに使えます。

【注意点!】

・精密機械なので取り扱い注意。

・初めて計るものは機械に重さを覚えさせるためにサンプルが必要なんだけど、なにせ繊維製品は個体毎の誤差が大きい!登録する際のサンプル数はかなりの数が必要になります。

・最初に面倒だと思っちゃうとだんだん使わなくなります。まずは何でもかんでもカウンティングスケールで計るくらいのつもりで使いたおします。“使える機械”にするかどうかは“使う人間”次第なんだと思います。←自分にプレッシャー(^^;

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目

ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

究極のベルベット縫製!...

“ベルベット”と一口にいっても メーカーによって、品番...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...