東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 恩人来社 7

BLOG

BLOG 2018.06.28

恩人来社 7


本日のお客様は辻洋装店のメインのお取引先様であるJunAshidaの販売スタッフの方々です。

接客の現場では兎にも角にも“お客様に袖を通していただく”ことが重要だそうです。
そうすれば“違い”を分かっていただける、と。

その体感としての“違い”には決定的な理由があることを、見ていただけたでしょうか?

独自の工業用パターン・精度の高い裁断・縫製の一手間、、、私たちはいつも“違い”を生みだすことを考えてきました。

ぜひ、自信を持ってお客様にオススメしていただきたいと思います。

実際に店頭で扱う商品の製造過程もご覧いただけました。

充実した見学会になった様です。

お客様とのエピソードもたくさん聞かせていただきました。
(我々としてはそれだけで大変嬉しく思います)

有り難うございました。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

職場体験

今年はこれまでに22名の方が辻洋装店のインターンシップ(...

社員旅行2019

今年の社員旅行は初島に行ってきました。社員旅行で...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...

袖付けの極み

服作りにおいて、よくキーポイントとして挙げられる袖。 ...