東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 心遣いと運命

BLOG

BLOG 2018.03.05

心遣いと運命


心の勉強会

先週、俣野先生にいいこと教えてもらいました。

人は皆それぞれ別の人生を歩んでいます。
親(遺伝)も育ってきた環境も違うし、生まれてから今日まで異なった心遣いと行いを積み重ねてきました。

決して平等ではないし運命に違いがあるのも分かります。

恵まれた環境にあっても、不平不満の心で虚しい人生を送ったり
逆境にあっても、感謝の心で力強く生きぬき、意義ある人生を送ったり

どんな状況にあっても、心遣いと行いは自分で改善して選ぶことができます。
思いがけない困難や不運に遭遇したとしても、それを自分の運命を立てかえる良い機会であると感謝の心で受け止めるのです。

俣野先生、ありがとうございました。

“自分の運命を深く自覚して、その改善の責任を自分に負い、感謝の心を持って生きていく”

アパホテルの社長がいいお手本になりそうです。

逆境、失敗、誹謗中傷「それが何か?」――アパホテル元谷芙美子社長に見る“絶対不幸にならない人”のルール

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

繊維製品品質管理士TE...

辻洋装店の社員として初めて〈繊維製品品質管理士TES〉が...

芦田淳先生

ファッションデザイナーの芦田淳先生がお亡くなりになりまし...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

松下幸之助の運命論

時々思い出して反省します。“私は日々に感謝して、...

辻洋装店の針 ①ミシン...

極薄シルクから極厚ウールまで多種多様で感性に富んだイタリ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...