東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 廣義隆(こうぎりゅう)

BLOG

BLOG 2017.09.12

廣義隆(こうぎりゅう)


先週、T班のメンバーと点心を食べてきました!

「点心って小籠包とか焼売?蒸したヤツのこと?」と思って調べてみると“中華料理の軽食の総称”だそうです。

そりゃ美味しいものをちょっとずつ食べたい女子にとってはサイコーなんですよ(^^)

しかも見た目もカワイイ!

そして・・・旨い!

他のお料理も美味しい!

みんなピータン食べたことないって言うので“ピータン豆腐”

(私の好物)

焼米粉(ビーフン)も美味しい!

こりゃ、なんかいいお店なんじゃないかな〜

小さなお店だけど、お父さんとお母さんの人柄もいいし、

お料理もリーズナブルで美味しいし、

一品ずつ丁寧に作られているのが伝わってきます。

お土産限定の肉まんが売り切れだったので再訪決定(^^)

 

廣義隆(こうぎりゅう)

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の末弟

ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

究極のベルベット縫製!...

“ベルベット”と一口にいっても メーカーによって、品番...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...