東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 店長の工場見学

BLOG

BLOG 2017.12.25

店長の工場見学


JunAshidaの店長と営業の方々が見学にいらっしゃいました。
JunAshidaの方々の見学は昨年の11月から数えて6回目(計63名)になります。

生地に優しい裁断を解説

特に店長さん方にお伝えしたいのは“ 自社の製品”についてです。
デザインはもちろんですが、パターン、生地、縫製仕様、縫製、検品・・・全てが桁違いのレベルなのです。

少人数グループ制はお店と共通点が多いそうです

ご覧いただいた通り、辻洋装店では製品の格(クォリティーとは違う気がします)を上げるための些細な気遣いや手間を積み重ねています。
ぜひ製品には絶対の自信を持って売っていただきたいのです。

有難うございました

“自社の製品を縫っている現場を見たことがある”MD、
“自社の製品を縫っている現場を見たことがある”パタンナー、
“自社の製品を縫っている現場を見たことがある”生産管理者、
“自社の製品を縫っている現場を見たことがある”営業、
“自社の製品を縫っている現場を見たことがある”FA・・・

製品にはますます磨きがかかり、話す言葉は説得力が違うはずです。
“モノづくりへの想い”はお客様にも伝わってしまう気がするのです。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

クリスマスパーティー2...

週末に『辻洋装店クリスマスパーティー2017』が行われま...

同業者の工場見学

先週は株式会社モンスター草桶社長以下13名さまと、米富繊...

縫製工場自立化への道

第5回 全国アパレルモノづくりサミット「自己変革で未来を...

辻洋装店の針 ③折れ針

手縫い針の破損は曲がりやサビ(手汗でサビると生地への通り...

松下幸之助の運命論

時々思い出して反省します。“私は日々に感謝して、...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...