東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 工場見学の前に

BLOG

BLOG 2018.02.08

工場見学の前に


年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させていただいていますが、ただなんとなく縫製工場を見てみたい人も明確な目的意識を持って文字通り“見学”する人もどちらもいらっしゃいます。

前者の感想は「面白かったです」「びっくりしました」「スゴいです」
質問は「特にありません」

後者は「想像と違いました!ここまで手間をかけてやってるんですね!」「なぜ若い社員がこんなにいい服を作れるんですか?」「これは何ですか?」「どこで売ってますか?」「何でこんなやり方をしてるんですか?」「ブログに〜って書いてあったんですけど?」「オリジナル商品はどこで買えますか?」・・・
見学中にも質問がどんどん湧いてきて、こんなに狭い会社の見学に3時間以上かかることもあるくらいです。

当然、お土産をたくさん持ち帰るのは後者の方です。

『百聞は一見にしかず』なのでとりあえず足を運ぶ。
もう一歩踏み込んで、意識的に興味を持つ。
好きになる。疑問を持つ。
仮説を立てる。それを検証する。

くらいの気持ちで準備していくと見学の収穫・満足度は飛躍的に高くなります。(表情で分かります)
ついでに、見学される側の会社は興味を持ってもらった方が100倍嬉しい。

と、見学者の方々に教えていただいたので自分が工場見学させていただく際には、HPを入念にチェックして見学前から質問山積みで臨みます。

明日は二友会(都内近郊のアパレル製造業のプロ集団)PIJ(株)さんを見学させていただくのでマンダラを描いてみました。縫製工場はたくさん知っていますが、プレス屋(検品屋)さんの見学は初めてなので興味津々です。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ

 


よく読まれている記事

PIJ(株)さんを工場...

先週末にPIJ(株)さんを見学させていただきました。 ...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

「縫製仕様書を鵜呑みに...

言われたことをただひたすらこなしていく作業は比較的簡単で...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...