東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 小さな縫製工場だけど内線替わりにスマホを20回線契約してみました!

BLOG

BLOG 2017.10.06

小さな縫製工場だけど内線替わりにスマホを20回線契約してみました!


早速取引先にも電話番号をお知らせして担当者にダイレクトで電話していただいてます(^^)

コレ、なんかすごくイイ気がします。

ドコモの法人契約

以前から会社でスマホを3回線使っていました。それに月額プラス1万円ほど(端末代込み)でスマホが20台使えるようになりました。

データ量は30Gをみんなでシェア。辻洋装店の社内はWiFi環境が整っているし、外出する人はほとんどいないので問題なし。

嬉しいのはその20台間の通話が全て無料ってことです。“ウルトラビジネスシェアパック”ってやつです。

(たぶん)メリット

電話の取り次ぎがほとんどなくなる!これが一番です。辻洋装店は本社とアトリエで合計6フロアもあって人の移動も結構あるので外線内線入り乱れて電話の取り次ぎが結構大変だったんです。

LINEが使える!ちょっとした連絡にとっても便利なLINEですが個人アカウントを仕事に使いたくない人も・・・。端末ごとにアカウントを取ったのでこれで心置きなく使えます。

手元でDropboxファイルが見られる!社内で共有したいもの、残しておきたいことはファイルにしてDropboxに置いてあります。PCやiPadでみていたファイルがスマホで見られるようになりました。

(もしかしたら)デメリット

経費増。安いとはいえ年間12万円経費が上がってしまいます。近いうちに本社の固定電話のシステムを見直してそちらの費用を抑えるつもりです。

2年間の契約です。2年後に同様のプランや割引サービスがある保証はありません。2年間も便利なものを使ったら後戻りはできないんだろうな〜。

高価なスマホ端末。壊れるとイタイです。保険には入らなかったので大切に使わなきゃ(^^;

新入社員が真っ先に電話を取り、取引先の名前や担当者の名前を覚える、なんて古いですかね〜。将来、公共の電話を取れない社会人を生んでしまうかも!?

とりあえず・・・

メリットがデメリットを上回ると考えて契約しちゃったので使ってみます(^^)機械に振り回されないように注意しないといけませんね〜。

これからは《内線はスマホ》で《外線は固定電話》で発信します!

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の末弟

ツジゴウ

 

 


よく読まれている記事

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...