東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 失敗

BLOG

BLOG 2016.05.16

失敗


“ 100点を狙うな。60点でよい。ともかく進めよう”

 

慣れたやり方と新しいやり方を比べれば、ほとんどの人は慣れたやり方を選ぶ。

 

それでは何も変わらない。

 

新しいやり方はいつだって問題がでる。

 

でも、踏み出す方向が180度間違っていなければ途中で改善すればいい。

 

 

IMG_4155

 

“どれだけ失敗しているかが大切だ”

 

自分で苦労してやらなければ技術は身につかない。

 

技術というのはあれこれ試行錯誤をすることで身につく。

 

失敗することで失敗の理由を学び、成功すればなぜ成功したかを学ぶことができる。

そうした累積があってはじめて「さらに良いもの」をつくることができる。

 

成功した製品やサービスの上っ面だけを真似ても、そこには失敗のノウハウがないために

それ以上のものをつくるのは難しい。

 

競争に勝つためには多少の時間はかかっても、失敗しても自分でやってみることが欠かせない。

 

 

IMG_4154

今日もトヨタに学びました。

 

失敗させてあげられる環境とフォローは上に立つ人間の仕事ですね(^^;

取りあえず前進します!

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

 


よく読まれている記事

RYOMA

班長会議の後は皆でRYOMAへ。辻洋装店の社員で...

コニカミノルタ

昨日は杉野服飾大学からお声かけいただき、専務が90分間お...

社員旅行2018

社員旅行で金沢に行ってきました。ここ数年は箱根や...

お客様の声

「TSUJIさんの製品は検品するのが楽しいんです」 ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...