東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 変化

BLOG

BLOG 2017.09.25

変化


週末に二友会の例会がありました(^^)

(二友会というのは都内近郊のアパレル製造に関わるプロ集団。多くは縫製、プレス、パタンナー、を率いる中小企業の社長たちです。)

今回のテーマは「人・モノ・金」

 

各社が持っている財産について

★過去から引継いだ財産

★現在、蓄財している内容

★未来に申し渡したい財産

として語り合いました。

やっぱり我々は技術屋なので“人”が一番の財産ですね〜。

技術をつなぐことと同時にその時代に合った仕事を創り出していくことが重要だと感じました。

「技術者が腕を振るえるような最高の舞台を用意するのが経営者の仕事だ」ってどこかで聞いたような・・・

もっと市場を見て勉強しないとですね(^^;

今回もたくさん刺激をいただきました。

過去にないくらいのスピードで時代が変わっているので懇親会でビールを飲んでても気が抜けません(笑)

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の末弟

ツジゴウ


よく読まれている記事

DURKOPP ADLER

ずっと調子がイマイチだった“ぐし縫いミシン”(辻洋装店で...

滑り台

小さい時、よく祖母(辻洋装店創業者)の仕事場で遊んでまし...

カゴ

辻洋装店で「カゴ」と呼んでいる仕掛かり品を置く台。だ...

42期目です

辻洋装店は7月決算! おかげさまで無事...

毎日毎日

辻洋装店は高級品専門の縫製工場。3〜4人のグループで...

縫製工場の社員がアパレルメーカーを見学!?

昨年から今年の春にかけて辻洋装店の一番の取引先様であ...