東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 問い合わせ

BLOG

BLOG 2017.05.12

問い合わせ


一般的に5・6月は縫製屋の閑散期。。。

それを知ってか、最近お仕事の問い合わせをたくさん頂きます。

IMG_7937

国内の縫製屋が減りに減って、いよいよ縫うところがホントにないのでしょうか?

それにしても少し横着な問い合わせもあったりします。
電話でアイテムとおおよその加工賃を聞き出して「ハマるかハマらないか」
こんなことをやっていては、イイ縫製屋とイイ仕事するのは難しいでしょう。

問い合わせる前に、得意なアイテムや主な取引先くらいはHPなどで調べましょう(^^;

スクリーンショット 2017-05-12 15.40.57

http://www.apako-news.com/factory_list.html

スクリーンショット 2017-05-12 18.11.49

http://factory.superdelivery.com/

縫製屋は自社の技術をキチンと評価してくれる先様と腰を据えて末長くお付き合いしたいものです。
シーズンを重ね、お互いを知るとより良い製品が縫い上がるようになります。

情報を仕入れてビビっときたら、足を運んでモノづくりに対する想いを直接伝えましょう。
(遠方であれば尚有効かと・・・)

人間くさい、熱い、縫製屋の社長をたくさん知っています。

年間を通して100%埋まっている縫製屋は稀です。
新たな取引先を求めている縫製屋もきっとあるはずなのです。

IMG_7941

アトリエのベランダ菜園でナスが花をつけました(^^)

ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

ボビンに巻かれた下糸が...

“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる” ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...