東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 縫製工場の労働問題を考えました

BLOG

BLOG 2018.01.15

縫製工場の労働問題を考えました


都内近郊のアパレル製造のプロ集団である『二友会』の例会がありました。
(サンプル・量産・プレタ・カットソーの縫製工場、プレス工場、パタンナー、プリーツ工場の経営者仲間です)

毎月、テーマを決めて勉強会をしたり討論を交わしていますが、1月のテーマは「労働問題」でした。

二友会例会後の懇親会は21:00〜

環境について、待遇について、採用について、外国人技能実習制度について・・・・

辻洋装店の従業員は日本人だけだし毎年欠かさず新卒採用できてはいるけど、まだまだ社内は改善の余地だらけです。それらを突き詰めていくと問題の根本にはいつも「人材育成」があります。これからはそれを中心に会社の収益構造を変えていくときだと思います。

辻洋装店が“社員を幸せにするための公器”になるためには、時代の大きな変化に対応する必要があるのです。

『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』

チャールズ・ダーウィン

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

PIJ(株)さんを工場...

先週末にPIJ(株)さんを見学させていただきました。 ...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

「縫製仕様書を鵜呑みに...

言われたことをただひたすらこなしていく作業は比較的簡単で...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...