東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 先輩後輩

BLOG

BLOG 2018.04.24

先輩後輩


2年目の社員がロックミシンについて1年目の社員にレクチャーします。

(3本ある糸の掛け方、糸の変え方、糸調子の取り方、掃除の仕方、、、)

すぐに仕事で必要になることは正しいやり方をきちんと教えておきます。
2年目の社員も後輩の前で変なことは言えないので、復習して整理して緊張して教える難しさを感じながら教えます。

ミシンによって若干違います。

1年目、2年目、会社全体の三方善し?

糸調子は3本のバランスが大切。

昨日はファッションカレッジ桜丘の学生が見学にいらっしゃいました。

プロの技を見て驚いたようです。

今週は就職活動の学生を含めて20名の見学を予定しています。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

究極のベルベット縫製!...

“ベルベット”と一口にいっても メーカーによって、品番...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...