東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 今年のテーマは「小ロット生産」

BLOG

BLOG 2018.01.11

今年のテーマは「小ロット生産」


小ロット生産

一着10〜30万円もするジャケットは高級品です。嗜好品です。
一着1万円のジャケットよりも数は少なくて当然です。
洋服文化も成熟期なのでしょう、大きな流行は生まれずらいし、お客様の好みはますます細分化しています。
実際に辻洋装店で生産している製品のロットも確実に減少しています。

今年初めての班長会議もテーマは「小ロット対応」

独自の工業用パターンと裁断に“これでもか”と手間を掛けながらも、100枚以上のロットを4人1組のグループで縫うことによって人を育てながらも生産性を保っていましたが、それを根本から見直していきます。

まずは辻洋装店で小ロットの製品を生産することによって起こる問題点を洗い出しました。(もちろん利点もありますが)
何を変えて何を変えないのか。
どうやってどのような形に変えるのか。
本気で考えて実行していきます。

これから『TSUJIの服』は更に進化していきます。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

通過

6月末に新しい機械を導入しました。辻洋装店は狭い...

繊研新聞

6/19のセミナーの内容が繊研新聞(業界紙です)に掲載さ...

裏地

先日、裏地についての勉強会を行いました。小ロット...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

なぜ辻洋装店の社員は毎...

孝は百行の本なり 親になると分かりますが、親は子供が想...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...